夕暮れ 秋の訪れを察し、ゆく夏を惜しむかのようにどこかもの悲しくヒグラシが鳴く時候