本日(9/22)から秋分。
秋分の日とその前後三日間を合わせた七日間が、秋のお彼岸。
太陽は真東から出て真西に入り、春分と同じように、昼と夜の長さが等しくなります。そして七十二候の「雷乃収声」(かみなり すなわち こえを おさむ)
「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉どおり、夏に大暴れした雷さまも長い休みに入り残暑も落ち着いて秋らしい爽やかな陽気に包まれる頃です。